実現することで

テレアポの仕事

お葬式と一言にいっても様々なスタイルがあります。日本では故人や遺族と関係のある多くの方が集まる葬儀が古くから一般的で、今なお一般葬という呼び名で広く行われています。その一方で、近年では宗教にとらわれず自由な葬儀を行う方もいるなど故人や遺族の希望を重視される方が増えています。その傾向の一つとして、禁煙では家族葬の実施件数が上がっています。 家族葬とは、家族のみで行うお葬式です。友人知人はもちろんのこと、親戚の参列も遠慮頂き、文字通り家族のみで最期を見送ります。最近では多くの葬儀社で専用のプランを用意する動きが広まっています。家族葬を希望される場合は、まずお住まいの地域の葬儀社に相談されるとよいでしょう。また、親戚にも了承を得る必要があります。もしどうしても参列したいという場合は、近い親戚が同席するという場合もあります。

家族葬を行う方の多くが、経済的な理由を挙げています。一般的に、会葬者が多ければ多いほど葬儀費用は膨らみます。家族葬では家族のみの少人数で行うため、葬儀費用が抑えられるのです。費用は葬儀社によっても異なりますが、安いところですと十数万円でも可能とするところもあります。 もちろん、経済的なメリットだけではありません。身内のみでの葬儀は、準備も簡単です。また参列者の対応もないため、精神的肉体的にも遺族の負担は軽減されます。その分、故人を偲ぶ時間をゆったりと取ることができるといった大きなメリットもあるのです。 その一方で、後日若干名が弔問に訪れることがあります。葬儀当日は返礼品の用意入りませんが、後々のことを考えるとある程度の用意は必要だという心づもりは必要でしょう。