新亜光学工業株式会社の技術が私たちの生活をサポートしている

>

新亜光学工業株式会社が製造しているものとは?

通常で使用する場合の強み

スマホや一眼レフのような機器でカメラ撮影を行う場合に、技術力が高い製品を使用すれば快適な使用に繋がります。

例えば、カメラを持ってシャッターを押す際に小さな振動が起これば手振れが起こります。また、人や車をはじめ素早い動きをする被写体を撮影する時も、ブレが起こりやすくします。一昔前なら、レンズの先端に液体プリズムという角度を変化させるものを使いブレの補正をしていました。しかし、近年では光学製品の技術を用いて、予め手振れ補正をしている機能付きのカメラが増えています。

新亜光学工業株式会社は、光量調整装置をはじめ複数の特許取得実績があり、オートアイリスなどカメラ撮影時に光の自動調整を行う精密機械の開発もしています。そのスキルが、手振れ補正にも活かされているのが伺えます。

ビジネスで使用する場合の強み

カメラ撮影は、ビジネス場面でも使用するケースが増えています。例えば、物流や旅客運送業の仕事であれば、1人で対応する時間が多く防犯対策は欠かせません。ドライブレコーダーのような機器があれば、抑止力になるうえ犯罪が起きても調査時に活かせます。

医療系であれば、性能の高い内視鏡レンズがあれば患者さんの病気の状態を確認しやすくします。また、手術で使用する光学式メスなら、痛みが少ないうえ負担を少なくして治療ができるでしょう。将来的には、ナノ光ファイバーを用いて細胞に直接栄養や薬を投薬する製品の開発を目指しています。

新亜光学工業株式会社は、各種製品づくりに応じられるスキルのある会社です。技術の高さにより、誰もがwin-winになれるサービスを提供します。


SHARE!